歌は世につれ 世も歌よーーー♪♪♪♪♪

歌に語りを感じると
私は ゾクっとしてしまう♪
義太夫節とかの「語り」を汲んでいる演歌♪
歌手が聞き手に「物語」を語る
面と向かい「詩」を語られたら
いやんっ♪ゾクゾクっときちゃう♪
胸にしみしみ染み込む。
演歌はいわば
1人で演じるミュージカル???
しかも 声の良い歌い手だったら
?(● ̄  ̄●)ボォ--っとなっちゃうよぉ
実際私はそういう経験があります・・・
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

んじゃ 逆の「語り」の薄いのは?
「このxxxxxxいっぱい」とか歌ってるおばさん
えっと 一発ヒットみたいなおばさん
あの人とか まだいるけど歌手名がわかんない
歌詞に「あなた」は出ていても
歌うあなたはその歌を歌ってるだけで
その世界を歌うわたしに満足してるよぉ
自己満足っちゅーのを超えてるよぉ
あと 賛美歌 
神に届けと上に向かって歌って
自分のカタルシスを得て
水平の目線で歌ってるけれど
詩の内容をよく読むと
「語り」はそこには無いのよね
あ。私プロテスタントの学校だったので
ちゃんと「宗教学」とか「礼拝」をしてますから
そこらへんちゃんと把握してて
 きっちりしてます

最近の女性歌手達
ラッパーの方達といい
「詩の語り」と「声の質の高さ」
「語り」上手だよねー

言葉もね 言い方1つで 質が変わるよ *駄句q*




未分類 | コメント(0) | 2005/09/05 20:43
コメント

管理者のみに表示