精神的グロッキー

御姫様とは言えない

おとのかめらめせん

純粋なる 駄猫なのに、メイン・クーンが交配されてるね
と獣医さんに言われた
あの夏の御祭りの日
あの夏。私の身体は白血球の激減などとあり
身体は、辛かった
涼しい夕風の夏。お花にお水を上げ・・・
水道の蛇口から・・・
あ・れ・れ・れ・れれ??猫サンがっっっ
ネコさんと目が合った
にゃーと鳴く気力も無かったのか、口だけ「にゃー」と言っていた
ばったり
倒れた・・・
急いで、家に入れて、当時生きていた、愛猫のご飯
お水に、タオルと
生きてる!!!!!!生きてるじゃん!
迷い迷って、私達の家に来たんだねぇ。
ん~ もしかすると 我が家を選んだんじゃないかぁ?
とにかく、獣医さんに行っとこうね。

・ 獣医さんからの言葉に 「??まさかぁぁぁぁ」

 えっっっ??? 年寄り猫なの~???
やーん!!!!!メインクーンの交配猫だってーーー
っていうか・・・飼うってなってないよ💦💦💦

 トトの前に飼っていたいたおうちの事
知りたいと思った
とても頭の良い、猫、トト
余生は 私達を選んだのかな
外見るトト

年寄り猫のトト姫
私をいつも 見守る
退院しても、トトは何時もと変わらず甘ったれて来た
雑巾をかけると、自分もやって!と一緒に
きれいね~♪
という言葉をかけると いばった顔
大好き
大好きだよ

我が家の 御庭に埋めた
トトが大好きだった レインリリーとラベンダーを植えた

かみさまへのてがみ

 あなたがいるので
 わたしはあんしんです
   
トト姫 | コメント(2) | 2018/06/10 20:57
コメント
http://blog.goo.ne.jp/franny0330
トトちゃん、余生をqさんチで過ごせて
幸せだったでしょうね。
頭のいい子だから、ここならって選んだのかな?
何年くらい一緒に暮らせたのでしょう?
愛猫や愛犬の最期をみとるのは辛いけれど
今も見守ってくれているでしょうねえ…
zooeyさん
流れ流れて
ヨレヨレでボロボロで我が家に来て
当時で15-6歳だったみたいで・・・
もう歳だと獣医さんに言われてたから
亡くなったのは22歳なので
老猫も老猫でした
そして、最期は、ただただ寝てただけで
丁度6年間一緒にいましたが
猫格の、ちゃんとしたオトナで
頭の良い子でした
大好きな言葉に「きれいねー」と
qママがお化粧したり私がお化粧する時に
鏡の前に遺書に座って
パタ゜ハタして「きれいねー」というと
えっへん( ̄^ ̄) エッヘンとしましたし
雑巾がけをすると
必ず一緒で・・・
なんかもー穴がぼっっかり開いてしまい
空虚な私達家族です
現在は、末息子の猫サマがいますが
こいつが、探して回る姿に
切なくなったりしますわ

管理者のみに表示