夏の旅は家族で富良野で笑い~ その3 洋食で夕食~

2016.08/19/Fri 21:32:24
丸一日、早朝から、あっちゃこっちゃと動き回る私達家族に
ランチに野菜だけだと、御腹の空き方も半端ない大好きな洋食
なんてたって マクロビ、ベジタリアンに縁遠すぎるのだ
シャワーを浴びると ぐっっっと空腹感が襲う。口々に お腹空いた~~~~

Le nord ~北~ お箸で食べる洋食ディナー

カニと・・・忘れてしまった~~ っつーかカニ嫌いだから、パパちゃんが食べた

DSC_0154.jpg

希来里ファームの野菜と魚介のカルパッチョ

海老 駄目だから 海老もパパちゃんが食べた

普通に カルパッチョでも、好きだけど 右側にある イクラ入り 塩レモンのドレッシングを ちょいと自分でつけると
これですわよっっっっっっ ^(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^
引き立つ香りと、絶対的な塩バランスが良い

DSC_0155.jpg

洋風茶碗蒸し

DSC_0156.jpg


茶碗蒸しって、あんまり好きじゃないんだけど
これは良い~ コンソメスープで味付けてあって
洋食に、茶碗蒸し~~~~?!?!?!という 思いを 取り去る

白身魚とホタテ貝のあぶり焼き レモンバターソース

春巻きの皮を ぱりりりりん♪と御皿にして
このホタテも美味~~~~~
しつこくない ソースで すすす~っと味わえるのだ

DSC_0157.jpg

牛フィレ肉のカットステーキ 和風おろしソース

DSC_0158.jpg

パンチの効いた 和風ソースが
しっとりときゅっっっとくる御肉に ぴったり来る
もっと食べたい。そう思う 御肉のバランス。
グラム的にも 50グラム程度なのもバランス抜群
惜しいのは、奥にある大根
初日に頂いた 和食店でも、出ていたけれど「おでんちっく」なのは何故?!?!
これは、北海道ならではの大根の使い方なの?!?!

ここでニクイものが一緒に出て来るのだ

鮭とコーンのガーリックバターピラフ

DSC_0159.jpg


そう。普通、ライスかパンかと来るのだが
白米では無く、鮭とコーンのガーリックバターピラフ
こんもりと盛られていないし、量も子供用の御茶碗程度

ばっちり~~~~

十勝産コーンムースとバニラアイスにあずきを添えて
 ラベンダー・ティーにしてみた

DSC_0160.jpg

右側が、十勝産コーンムース
いや・・・凄い。ほんとに、粒粒のコーンとコーンのムースであり、
それだけのコーン使いに甘味もしつこく無い

 ちょっと引き算が 美味しさだったりもするし
 物足りなさが マイナスポイントにはならない
 何時もなら 海老とカニは 失礼食品として事前に話しておくが
家族もいるから、そこらへんは シェアの楽しさにもなる

贅沢は 静かで広く 心地良い料理のサーブして頂いたタイミング
ほんの少し、切なくなる
そういうラベンダー色の御皿やテーブル・クロスに 思い出の旅となる
今回の旅の「色味を味わう」をまたまた味わってしまった
お出かけComment(0) :Trackback(-)
name
title
mail
url

[     ]