のんび~りのほほん

小さな幸せひとつ日々のーんびりのほほん
TOPふぅ・・・ ≫ 風化はしない。糧になる3月11日

風化はしない。糧になる3月11日

悲しいのではなく苦しくも無い私
けれど、不安定だった
不安は トラウマになった
家族全員、無事だし、一緒に「いただきます」の食事が出来る
色々とあったけれど、何時も思う お鍋の囲める幸せよ
今も、数日1人でいると、気持ちがゾワりとしている
静かな 冬から春への足音が忍ばせていた
一瞬
揺れた
私の身体のコト????まさか!?!?!最悪?!?!
違った
大地の揺れは 大きかった
1人
とっさに薬と水とを持っていた
 因みに我家は、水を持っていると、自然と米と塩も持っているコトとなる
あの時の事

 道路挟んだ前のお宅が、外壁、エクステリアの工事をしていた
そのスタッフが 時針が終わると、即「大丈夫ですか、落ち着いてください まず火だけは確認です」
と大きな声を出して叫んでいた。心強かった
続いた
 大丈夫ですよ。皆さん 大丈夫。焦らないで
火を消しましたか 火です。ストーブ 台所 確認
窓を開けてください 
皆さん大丈夫です 火を消したら窓を開けてください

 最初は誰も出なかった
ただ、彼の大きい声が聞こえる
どれぐらい??時間はどれぐらいだったか???
落ち着いてくると数人が、窓を開けて、声をかけている
私も
私。ここにいまーす!怖かった-



1人
この時間は、短いのに、長く感じた
忘れない
私でさえ、今尚、地震速報テロップが流れると、、、ドクドクする
そう。怖い 1人だけでいるのが怖い
忘れてはいない

私の。「現実」なのだ
 風化はしない
現実は、我が身に糧となりつつある

先日に観た遺体 明日への十日間」という映画
 
観るまで、私には勇気のような、変に引いてしまっていた
観たい。でも・・・私のようなヤツが観ても良いの???
従兄弟のお嫁チャマの実家が、福島の原発、わずか10㌔圏内で
東京にいる、お嫁チャマ以外。全員福島に・・・
釣りの世界では、なかなかの有名人の お嫁チャマのパパ様
富岡、浪江の話を聞いていた
 あぁ!!!!!そうだ。酷かったあの時!!!!
現実の話を今、多々 聞く事が出来る
 映画を観る事をすすめられた
 「ちゃんと観て欲しい」

そして。観た
 ジャーナリスト・石井光太氏のルポルタージュ本「遺体 震災、津波の果てに」(新潮社刊)

映画は、私に静かに入り込んでいるはずだ
 この「真実」は報道も、メディアも伝える事すら出来なかった事実
 

ゆっくりだけれど 時の薬が私を包む *駄句q*
ふぅ・・・ | Comments(3) | Trackbacks(-)

Comment

No title
編集
関西は淡路阪神地震・関東は東北地震・・そして関東大震災・・阪神地震の時より東北の復興は随分遅い様に思います。未だがれきが残され福島等は原子力発電の後始末が出来ていない誰が悪いのか?荒らすだけ荒らしてすんなり政権を放棄した民主党?復興予算を他に使って居る官僚?2年がたつのに未来・・いいや明日が見えないなんて・・誰がするの?いい加減にして欲しい・・皆必死で耐えているのにこれ以上我慢させないで
2013年03月12日(Tue) 11:52
No title
編集
いつも 楽しくブログを拝見させて頂いていましたが
しばらくの間 訪問出来なくなりました
「たいたい日記」も しばらくの間 お休みしますが
たまーに 気まぐれで更新するかもなので
思い出した時には 覗きに来てみてくださいね(^O^)
また復活して 戻ってくるつもりですから
私の事を忘れずに待っていてくれたら嬉しいです
再会を楽しみにしています♪

追伸)数日間は 自動更新の「たいたい日記」をお楽しみいただけます(^O^)

コピペの文章で すみませんm(_ _)m
2013年03月16日(Sat) 07:10
No title
編集
映画も本も実に興味深い!
映画は見れないと思うけど、この本は買おうと思う。
東北にはなんのゆかりもない私だけど、完全に復興するまでは、私にできるささやかなことを続けようと思ってる・・
2013年03月21日(Thu) 00:00












非公開コメントにする