御墓参りと神宮イチョウ並木

先日、行った 青山墓地の御墓参りとイチョウ並木
情報によると、今年は遅めだけど
いやいやどーして、見事にヒットして
どっっっ晴れで、晴れ女の発揮して来た
墓地の桜並木はも紅葉。平日の午前中で人が多く無くて心地良い
qパパの高校大学時代の後輩が後を継いいるお花屋さん
「青山霊園ちとせ」さんに御挨拶
青山霊園 ちとせ
我が家の買う御花は 老舗さんで別店舗だけどね☆
おじぃちゃま、おばぁちゃまに 長崎旅の御報告と御祈り
何時もだけど、御祈りって欲張っちゃう💦💦
今回ランチは、御蕎麦屋さん
ではではイチョウ並木はどうかな??
d966f0d3.jpg
大大ヒット
201811290085_box_img0_A.jpg
壮観だわ
43817359_255580075091462_8479915276300227299_n.jpg
思ったほど、人が多くなかったのも、平日だから??
38148648436_6b2354e2a3_o.jpg
ひゃー見事だね
201811290085_box_img0_A.jpg

御蕎麦の香りで、イチョウ並木ぶらぶら歩いて
どっっっっ晴れ晴れの中の黄金色
帰ると、愛ネコ達の甘えっぷりにメロメロでホワホワ
秋の日を堪~~、

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに 思い出土産

随分と時が経過したけれど
長崎、家族旅の御土産は色々と・・・
長崎名物食は、勿論だけど
私が、何時も、旅をすると買うのは
郵便局で売っている「フォルム・カード」と「切手」
そして、ラッピングしてある包み紙や、デザイン
買い物をした時のレシート
飛行機のチケット等

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。
ホテルの隣のコンビニは
ファミマのレシート
IMG_1822 (編集済み)
長崎のマンホール
あじさい
IMG_1736.jpg
もう一つ
IMG_1729.jpg
出島のデザイン
dejima3.jpg
福砂屋さん、本店もパチリ♪
IMG_1830.jpg

福砂屋さん包み紙には「ポルトガル」の感じ
IMG_1826.jpg

福砂屋さんのタグ・シールは
福砂屋さんのタグシール
IMG_1825.jpg

ここにも
聖寿山崇福寺(そうふくじ)の扉
コウモリデザインだったよね☆

福砂屋さんのは、こんな感じで

IMG_1828 (編集済み)

こちらは、文明堂の本店もパチリ♪
IMG_1829.jpg

長崎のフォルムカードは

長崎猫 尻尾に特徴
ながさきねこのふおるむかど
勿論 カステラ(私はカステラ嫌いで食べられないけど)
化すてらふおるむ

卓袱料理
しっぽくのふおるむかーど
大浦天主堂
おおうらふおるむ

今回 とーっても素敵な長崎案内をして頂いた
タクシー案内 運転手さん
長崎 ラッキータクシー
素晴らしい思い出
穏やかで、物静かな話し方で
笑いたっぷり
記念に お別れの時に撮った笑顔
私のスマホに、しっかり存在している
涙 涙のお別れの私だったけれど・・・
心の奥に、思い出、たっぷり

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに 帰る

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに
帰る日の、ェック・アウトを追えると
スィーツ大臣のqママとqパパのリクエストで
「GODIVAのショコリスキー飲みたいから、記念に、飲んでいこうよ」って💦💦
IMG_1807.jpg
今まで、知らなかったけどqパパが
「アオハライドってので今回の旅の稲佐山や教会は撮影場所だったんだよ」
って・・・びみょーに 詳しい(笑)
ここで、ショコラリスキーを飲んでいる途中に qパパが
ぼとっっっっ 💦💦💦
上にとっぴんぐしてある生クリームを こぼした~~~~
机の淵に落とした生クリームが
qパパの着ているジャケットにくっついちゃうよーーー
それでも、食べ続けるqパパ💦💦💦💦 好きなモノを前にして止まらないのか????
タクシー運転手さんの御迎えで 空港までドライブ
道々、またまた穏やかで、楽しい御話しをして頂く
高速バイパス道路を通った時に
「ここが、あの たらみの本社ですわ」って
えー!!!!ここに たらみの本社があったのね☆
車窓から、撮ってみたけど、全然 撮れてなかった💦
o0720040513035343439.jpg
。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。
空港に着き、今回の案内タクシー運転手さんと涙涙のお別れの私に
「旅は一生の出会いですから、さようならではないんですよ。思い出を沢山 抱え込んでお帰り下さい」
って・・・またまた涙涙で、ハグして握手
もーーーーっっっ最後の最後まで 素敵な御方💖💖

空港で 御土産を買う
長崎空港は 「海空」と書いて「みそら~Misola~」と読むのである
IMG_1820 (編集済み)
が・・・やっぱり、ハトシハトシロールも売ってる
IMG_1677.jpg

角煮まんじゅうちゃん
かくにまんち

思い出沢山 日焼けもした
映画の世界を堪能して
胸がいっぱいになった
親戚のおじちゃまにも会って 笑って笑って話しまくって
お別れするのが、ちょっと辛くなった
案内して頂いたタクシー案内 運転手さんの
穏やかで、静かに包み込むような話し方に
笑いたっっぷりだった
運転手さんの提案で、映画の世界の教会や素晴らしい世界を観ることができた
沢山の「気持ち」で 心から溢れてしまって「しあわせの感謝」で涙涙の旅だった

旅は 一生の出会いだ
だからかもしれない。
私達家族は、旅が好き
旅は 胸をいっぱいにして 心からあふれ出て来る
だから。私達家族は 旅人となる


長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに3日目 夕食はフレンチ

滑石のおじちゃまとは、夕食放って、御一緒出来ずにいた

ホテルに戻ると、夕暮れ時の長崎の街
IMG_1799.jpg
なんとなく、切なさが
まだいいたい、でも帰りたい、だけどステイしていたい
少しだけ、きゅっとなってしまった
徐々に暮れて来ると、灯りが美しさを醸し出してくる
main_Visual03_s.jpg

時間とともに・・・
一瞬の刹那刹那は 一生一度
撮影しても切り取れない思い
心のシャッターを切って切りまくった この長崎旅
mv_05_s.jpg

私達家族の大好きなフレンチをホテルで食す事に

N・Y DINNING
images.jpg

こちらは、地元特産品をふんだんに使用した御料理
ホテル最上階にあり景色もバツグン♪
朝食の時も、こちらで食したが、ほーんと景色バツグンだったもの💖
プリフィックス・メニューもあるし
なんと、コースにしても、御値段は高くないのも賢いっっっ✌
楽しみである
私達は、プリフィックス・ハーフにした
qパパはは、なんと!!!!メイン肉に、鶏もも肉ソテー
私とqママは、80グラムの牛ステーキ

オードブル 生ハムのド゛レッシングトッピング
 これはっっっ!!!!!!!と掴まれた💖
ドレッシングは、決して生ハムのテイスト、質を邪魔しない ほのかな酸味が心地よい
中にツブツブとした 何かの実らしきものがはいっていたが
これまた 変な香辛料では無く、全てがはーもにーと化していた
もう オードブルから ( ̄ー ̄)ニヤリ
【前菜】 鴨胸肉のサラダ仕立て赤ワインヴィネガー、バルサミコのドレッシング
 鴨肉の、しっとりとした食感と味
 御野菜は、生とボイルしてあるのが、上手くミックスしてあるバランスが絶妙
定番のバルサミコドレッシングだけではなく
コクというのかしら?!!鴨肉に合う 酸味と天海が良い。真似してみたいっっっ
IMG_1802.jpg
【スープ】  カボチャのポタージュ
 定番と言えば定番だけど
ほんのりと オニオンテイストが混ざっているのが、甘味を醸し出す
ここでの「もう少し、御塩が欲しいかも」というバランス感
むむむむむむっっ!!!!!!!数多く、かぼちゃのポタージュを食した中に
これは、もう 上位ランク・イン決定!!!!!!!!
IMG_1803.jpg

【メイン料理】 A3ランク和牛フィレ肉の網焼き ソース和
 柚子塩 柚子ポン酢 山葵
これだけでも、良いのに
しっとりと、ジューシー和牛の焼き具合
しかも、ちゃんと切って出て来た
わーーーー A3ランク和牛フィレ肉って こういう食感なの?!と喜び♪
IMG_1804.jpg
【デザート】 洋ナシのパイ
残念ながら、写真は 家族揃って記念にと撮影して頂いたので
プライベートが出るので アップしない
ただし!!!!お皿の淵に、とっても可愛らしく ドッド模様が描かれていた
お洒落心も、しっかりで♪
楽しく 静かに 決して出しゃばらないスタッフの対応も抜群の時を過した
大きな 記念の食事だったわ~~~

ホテルの窓からは 長崎、稲佐山を眺める街のライトが灯っていた
IMG_1806.jpg

窓ガラスに反射してしまって・・・ダメだなぁ
IMG_1805.jpg

んーと。まーまー綺麗に撮れたかな
40431710_467003270451675_8979958189871704138_n.jpg



長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに3日目 滑石教会

親戚のおじちゃまが 歯科医でもあるものの
夕方は、御仕事をお休みしたとのことで
今回の旅、到着日に卓袱料理を頂いたが
やっぱり、色々と楽しくて、会って話したいとのリクエストが来た
こちらから、おじちゃまの御住まいエリアに行く事に
案内して頂いているタクシー運転手さんに、御連絡すると
是非是非!とのコトであったので
またまた案内観光がてら、運転して頂いた
。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。
カトリック滑石教会
長崎市滑石5丁目2-6
095-856-8623

入り口
滑石協会入り口
滑石教会
滑石協会

滑石教会のステンドグラス
なんと!!!!!!!これまた 静かで穏やかで派手では無い艶やかさ
そして、厳かな輝きを放っていた

滑石きょうかいすてんど

滑石と書いて 「なめし」と読むのである

親戚のおじちゃまとグしてお別れする時に
涙が 豊富ろりんとしてしまった
おじちゃまから 「qちゃんは相変わらず、感激屋さんで、叔父さん、嬉しいわぁ」
と長崎言葉で言われて
またまた涙 ほろりんしてしまった

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに3日目 長崎名食

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに3日目
名食でもある 長崎の練り物
呼び方が「かんぼこ」と言うのである
IMG_1815 (編集済み)


鹿児島だと、薩摩揚げというが
薩摩揚げと違い、そこまで甘く無い
かまぼこのことを“かんぼこ”と呼んで
全国でもかんぼこ屋さんの数が多い長崎だとのこと
個のリング、。刺し身に使う、御魚をすり練って作ってあるので
ここは、れまた美味倍強と思った
店内には、バラ売りで、種類豊富♪

yjimage.jpg

残念ながら、旅客の私たちなのでバラ売りのものは買えず・・・
どれもこれもが美味しそうだったなぁ!!!!!!!
小さくカットして、試食ok
何が嬉しいって、女性目線らしく、小箱にカットして入れてあり、箱下にはチェックの布。
レースの、ペーパーを中敷きにしてあったり
爪楊枝入れも、可愛らしくレースペーパーでラッピングして置いてある
手を拭くためのものもちゃんとあったし♪
女性目線で、大変っっ嬉しいのであった
よく「ばさっっ」と そのまま並べて置いてある御店があるが
あれって、なんか「はい。どうぞ」的なので嫌なのよねぇ・・・

タクシー運転手さんの御案内店舗は
杉永蒲鉾サン
株式会社 杉永蒲鉾
郵便番号850-0046
所在地 長崎市幸町6番18号
TEL095-820-1230 FAX095-820-1222

若く、綺麗な美人女性たちが、対応して頂いた
御土産品は、後ほどアップかな
IMG_1819 (編集済み)

IMG_1816 (編集済み)
【軍艦島の恵み
小さくちぎってあるのが また美味しい
ホテルの朝食バイキングでも食し、( ̄ー ̄)ニヤリ

御土産に、沢山購入した生姜をたっぷり乗せて食したり
タマネギをすりおろしたものを乗せて食した
b_1128杉永蒲鉾
【おさかなステーキ】
317389.jpg
ささささっと焼き色をつけてマスタードを添えて頂いたり
トースターであぶったのも頂いたり
キャベツとタマネギとゴマ油で一緒に炒め合わせてい頂いたり
色々とアレンジして食しておる次第である
【いわしん棒】
519pbocGJ6L.jpg
生姜とあう💖

長崎ちゃんぽんの具
chanpon0705.jpg
便利便利
ちゃんぽんだけでは無く、自宅で食すうどん、そばにも使える
御汁に、速効茶碗蒸し なんとなくお粥の具材
使える使えるのである
その他いろいろ

関東圏でも、購入できると解り、要チェックだわ
小田急OX店 オーケー ジャスコ アオバ東急  東急百貨店 スズゼン サミット

御土産に 色々沢山GETしてきた。
真空パックになっているのも嬉しいのである

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに3日目。その4

感激、感涙、胸いっぱいの私達をタクシー運転手さんは、温かかった
帰りは 祖鮫海岸を走りつつ
サンセット・ロードを走っていく
確かに、ここは、サンセットもうつくしいだろう
さんせっとろーど5
海岸は、輝いてキラキラしていたし
穏やかな海は、偉大だった
プライベートが写っているため、写真はアップしない

帰りのドライブがてら、少し遠回りをした頂いた先は
浦上天主堂
852-8112 長崎県長崎市本尾町1-79
うらかみ2

大正14年に完成した大聖堂
爆心地から500メートルほどの距離にあったため、原爆で全壊
昭和34年に再建
赤レンガの美しい教会
教会の中に入っていくと、それはそれは きれいなステンドグラスが 教会のまわりを囲んでいて、とっても美しかった

うらかみてんし
アンジェラスの鐘が時を告げている

帰りに、長崎の名食のお薦め店に案内していただいた

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに3日目。感激その3

黒崎教会。出津教会と観て
胸がいっぱいの私達家族に
タクシー案内 運転ゅさんからのプレゼントは
遠藤周作文学館だった
長崎市 遠藤周作文学館
〒851-2327
長崎県長崎市東出津町77番地
・TEL 0959-37-6011

両親ともに 遠藤氏のファンで私も散々読みまくった
病柄の、入退院生活を繰り返すときに
氏の作品を読みまくり、泣き、励まされ、笑った
そこにまた、大大大大っっファンである吉村昭氏の文章に
長崎へと募っていた(2回目でも)
遠藤周作文学館
IMG_1797.jpg
建物は、こういう感じで、角力灘を見渡す
IMG_1793.jpg
海岸真ん前に建っていた
IMG_1795.jpg
どんな気持ちだった労・・・・
IMG_1792.jpg

IMG_1796.jpg
文学館には、氏の多々なる「思い出作品」が展示してあった
学生時代の生手紙も、留学時代の日記文
御両親、ウニからの手紙文
愛用の品々
母との写真、バイオリン、父との写真、氏の幼き頃の色々
氏の等身大のスーツの展示
多々取材の現場に立ち会われたスナップ写真等など・・・
まさか 来ることが出来るとは思っていなかったので
中に入ると、もう感激だった次第である
小説『沈黙』に登場する架空の「トモギ村」のモデル
長崎市の外海地区にある西出津町、東出津町、下黒崎町などにあたり
遠藤の友人のご尽力により「沈黙の碑」が建立
IMG_1790.jpg
この地を「神様が僕のためにとっておいてくれた場所」と評し大変気に入っておられたという
この碑の他にも
「人間がこんなに哀しいのに 主よ 海があまりに碧いのです」
というのもある
遠藤句碑




長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに3日目。感激涙の気持ち2 

外海地区のドライブも兼ねていた
黒崎教会に続き、出津教会を訪ねる

出津教会
〒851-2322 長崎県長崎市西出津町2633

出津入り口
国の重要文化財に指定されており[1]、ユネスコの世界遺産(文化遺産)
「外海の出津集落」である
マルク・マリー・ド・ロ神父の設計により建設
なんと!!!!!角力灘(五島灘)に面する風の強い当地の気象に対応して、レンガ造瓦葺き平屋建ててある
海風の強い事を設計士、低く屋根を作ってある建物だ

出津

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに3日目。感激涙の気持ち

回るところは回って頂いて、この3日目はドライブがてら案内したい場所がある
とおっしゃるタクシー案内の運転手さん
外目3(そとめ)
黒崎教会
明治30年(1897)にド・ロ神父の指導で敷地が造成
遠藤周作の小説『沈黙』の舞台ともなった黒崎の地に建つ教会
私達家族が、憧れて、存在の意義を知り、苦しさを感じていた世界だ
まさか!!!!!まさか行かれるとは思っていなかった
それには、タクシー運転手さんの「御夫婦」からのアドバイスだったというコトが分かった

タクシー案内運転手さんは、代々、神道で
奥さまが 代々キリスト教の御方なのであった
今回の、私達の案内で、何気に奥さまと話をしていたら
「是非、黒崎教会を御案内して欲しい」とのコトだったのである
奥さまは、なんと!!!! 昔。劇団3○○のメンバーだったのであった

IMG_1787.jpg

黒崎教会
851-2324 長崎県長崎市上黒崎町26
国道202号線、黒崎教会前停留所から徒歩2分

黒崎全景

あぁ・・・あのマリア様の像が生きている
IMG_1786.jpg
遠藤周作の「沈黙」の世界だ
ブルーと茶色の、教会だ
IMG_1789.jpg
そこに建っていた。静かに生きている。守っているようだ
IMG_1788.jpg
会えた感激と、そこにある「静けさの美」に涙がこぼれてしまった
黒先教会マリア様

聖堂は信徒が奉仕と犠牲の結晶として一つひとつ積み上げたレンガで造られ
ステンドグラスが素晴らしかった
IMG_1782.jpg


礼拝堂は、私達家族のみしかいなかった
晴れの中にしか見る事の出来ないステンドグラスが反射する床や壁
厳かな荘厳な「刹那」
歴史の「苦と威厳」を感じタクシー静けさであった
思えば、私は高校時代に、自らの病に辛く苦しくくなっていた折に
遠藤周作氏の作品を読んで感銘を受けていたのである
そして家族揃って大大大ファンの「吉村昭氏」の世界である
もうそれだけでも、胸がいっぱいだというのに・・・
映画「母と暮せば」
映画「沈黙-サイレンス-」
観た映画の世界でもある

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに3日目の稲佐山

今回ステイのホテルの朝食はバイキング
ここは、意外と、御野菜が多かった
ただトマト・ジュースはあるのに
生のトマトが無いのは何故?????
和・中華・洋食系と揃ってるのに
お粥も、梅干も無いのは何故かしらね・・・と感じてしまった私達家族
。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。
3日目も どっっっっっ晴れ晴れ(日焼けが💦)
しかも気温は24℃辺りをうろうろ 半袖で動く ☀☀☀🌞🌞🌞
朝一番で、稲佐山のドライブに行く

タクシー案内ドライバーの方が
稲佐山にのぼるついでに、福山雅治氏の御実家の前を通ってくれた
しかも・・・仕事先だった場所も教えて頂いたし(笑)
残念ながら、私達家族は彼がダメなのよね💦💦

さー。稲佐山にドライブは、絶好のどっっっ晴れ晴れ
どっっっ晴れ晴れ晴れの景色からは、上五島列島が観える
端島~軍艦島~ うっすらと見えた
いなさやまか
角力灘の海の青と、空のどっっっ晴れブルーが、絶妙のブルー・コラボレーション
長崎市内(左側)を観ると
いなさやまやまうえ2
長崎市内(右側)
いなさやまのうえ
夜景のメッカ「稲佐山」だけど、晴れの日の朝から昼という眺めは絶好なんですって
ハートストーン(ハートの石)」も「ハートライト」と、ハートモニュメントもしっかりある💖💖
展望塔敷地の展望デッキに置かれた鶴のモニュメント
公然の面前でkissしているのが ヵゎゅぃ…..φ(・∇・`〃 ) 💖💖
IMG_1778.jpg

何故かしら????と聞くと
鶴が羽を広げた形に見えるため「鶴の港」と呼ばれたからとのコト なるほどね💖
夜景の 世界新三大夜景は
また違ってたろうけれど
今回、この どっっっ晴れの世界を味わってしまったら
んもーーーー!!!!!たまんなかったわ!
山頂から、伊王島も、くっっっきりはっきり
そこに来て、世界遺産 端島~軍艦島~も、うっっすらと見てしまったもの!!!!!

続いて、長崎原爆記念公園へと向かう

IMG_1780.jpg
この記念碑は 顔は、神の愛と仏の慈悲を現し
天に向けて垂直に高く掲げた右手は原爆の脅威
水平に伸ばした左手は平和
足の「右」は 原爆投下直後の長崎市の静けさ
左足は立ててある意味は命を救っていた
という意味があるのだそうだ
知らなかったなぁ・・・
タクシー運転手さんの説明をメモっておいて良かった
11🈑02分
鐘の音がした。
この時刻。 原爆投下の時刻だそうだ。心が きゅっっとなる鐘の音。
何処か、寂しい様な鐘の音とも感じてしまった

因みに 避雷針が右手にある

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 午後はグラバー庭園

天気が良く、グラバー園から長崎港の眺めが素晴らし
入り口
エスカレーターに乗る
img_13.jpg
このエスカレーターが なんと!!!!!!
日本初の斜めに動くエスカレーターなのだった!!!!!!!ひぇぇぇぇぇ知らなかったよ
約100メートルのエスカレーター

RIMG0374.jpg
登る 動く

ぐらばいりぐち
自由亭・喫茶室
ぐらばいえ
旧グラバー住宅
ぐらばさか
グラバー園の中で一番高い場所からの長崎港の景色
ぐらばからけしき
長崎のグラバー園の中央近く, 三浦環像と 旧グラバー邸の間
喫茶室として 利用されている「旧自由亭」がある。
この建物の傍らに「西洋料理発祥の碑」が建っていたのであった💖
やっぱり、作る人間、食する私達家族としては
チェックしてしまったわ 💖💖
16世紀中頃 ポルトガル船の来航に始まった
西洋料理の味と技は 鎖国時代, 唯一の開港地 長崎のオランダ屋敷からスタート
そして、して、都横浜, 神戸, 函館などが開港され, 次第に普及
それから 東京だものね~~

ぐらばせいようりようり


長崎港入口の女神大橋
めがみおおはし
対岸は三菱重工長崎造船所、手前も長崎造船所

しぞうせんじよう
勿論 世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」
世界遺産ですな
みつびしぞうせん
赤い橋が見えるのは浦上川方向、赤い橋は旭大橋
めがみおおはしぐらば
赤い屋根は名門・活水女子大学の東山手キャンパス
創設者であるラッセル女史が信念の拠り所としたキリスト教を「建学の精神」
ぐらばからかっすい

園内の旧住宅を一つ一つ中まで見て
先ずはトーマス・ブレーク・グラバーの旧住宅
長崎に来て貿易業を営むかたわら
近代的な造船・掘炭・製茶などの事業をおこし、我が国産業の発展に貢献
薩長土肥の諸藩に協力して明治維新の大業に寄与
ぐらばどうぞう
アップで
ぐらばれりふ

旧グラバー住宅(右側)
丸の植え込みは、365日 常時 花図咲いている
ぐらばにわ
今は、ストック等
ぐらば
旧グラバー住宅(左側)
ぐらばたく
旧グラバー住宅(左側)
ぐらばていたく3
旧グラバー住宅(温室内部)
ぐらばいえにわ

途中。ゆるキャラちゃん「」さるくちゃん」が置いてあり
みゃーみゃーと大声でしゃべる中国人ツアーさん
あっぎゃかぎゅぉぉんかんこくこくの韓国の観光客が
角度を変えて、ばしゃばしゃ撮影していた
そんなに盛り上がるのかな?!?!
IMG_1756.jpg

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 の夕食

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目
夕食は
長崎の 魚を食す 🐟🍣🍣
こちらのホテルの和食はもフレンチも
長崎の市内や市外からも沢山の方達が訪ねて来るらしい
「歯科医院のおじちゃまも、その友人たちも、学会などとで使う

食したのは
仁 と書いて 「かなめ」
【公式】ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション(旧ベストウェスタンプレミア ...

すしでいな

前日は 正当 老舗「卓袱料理」
ランチに、長崎さらうどん等だったので
由初期には 長崎で屈しのすし職人サンの名食をと
お寿司を頂く
ただし、握りのご飯を少なくして頂いた
IMG_1766.jpg

先に「何か食べられないものはございますか」と聞かれていたので
「エビです」と伝えたら
見事に、素敵な「イカ」に💖くコ:彡
どの食材も 見事!!!!!!!!!!
んもーーーーーーっ 御魚天国・長崎だった
デザートに、フルーツ盛り合わせが出て来た
 写真、撮り忘れ 💦💦

このノレンはというと
IMG_1768.jpg
長崎は「くじら文化」
長崎名物 くじら料理

魚の美味しい長崎

スィーツ大臣qパパちゃんに付き合って
ベストウェスタンプレミアホテル長崎 カフェ・ド・ビジュー
IMG_1770.jpg
リンゴとサツマイモノタルト
これっっっっっっっ💖 やっぱ 良い~~~

私とqママは、無料チケット使って
GODIVAのショコラリスキー
IMG_1771.jpg

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 午後は日本二十六聖人殉教地

そして、通りすがりなので
西坂の丘にある日本二十六聖人殉教地に
日本二十六聖人殉教記念碑

大阪と京都で外国人宣教師・修道士6名、日本人修道士と信者18名の合計24名が秀吉のキリシタン禁止令によって捕縛
その後、京都から長崎に向かう途中
イエズス会の世話役ペトロ助四郎と、フランシスコ会の世話役伊勢の大工フランシスコ
2名も捕縛され殉教の列に加わり、26名
二十六聖人等身大のブロンズ像
列聖100年祭を記念は、昭和37年に建立

ちゃーんと行った証しに
こんな看板も ぱちり♪
JR長崎駅から近い 西坂
西坂からの26聖人jpg

西坂公園の一番奥にある

聖人26の

日本二十六聖人殉教記念碑
御影石の台座に配置

成人26もにゅめんと

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 長崎伝統芸能館

グラバー園内にあるある出口付近の長崎伝統芸能館
さて。意外だったのは
長崎では 「龍踊り」と書いて
「じゃおどり」というのだ
蛇 ⇒ 私達 東京モノは 「へび」
龍 ⇒ 「りゅう」なのだが
長崎は
「龍」は「じゃ」となるのであった
旧暦の9月9日(くんち)に行なわれる現在では10月7日から3日間、町を挙げて開催
「長崎くんち」の資料館である
奉納踊りに使用する龍踊りの龍体や龍船、唐人船、傘鉾
このちらは、また 見事な展示であった「しかも無料」
長崎伝統芸能館の2階から
img_8.jpg
新大工町
新大工町
八坂町の川船
八反町

榎津町の川船
榎木

東古川町の竜宮船
東古川2

元船町の唐人船

元船町
築町の川船(左)、銅座町の南蛮船(中央

築町jpg

八幡町の弓矢八幡祝い船(左)と新大工町の曳壇尻(右)

八幡町

諏訪町の龍踊りの白龍(左)、子龍(中央)、青龍(右)
龍の踊り

諏訪町の龍踊りの青龍

座街の青い龍

長崎伝統芸能館に降りて行く坂の途中で「幸せの赤い糸」が
んんんんん????と思ってパチリ♪
タクシー運転手さんから伺ったのが
TVドラマと、映画化の「赤い糸」にあやかり
赤い糸の気
願掛け(笑)
赤い糸の木1

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 午後はグラバー庭園

天気が良く、グラバー園から長崎港の眺めが素晴らし
入り口
エスカレーターに乗る
img_13.jpg
このエスカレーターが なんと!!!!!!
日本初の斜めに動くエスカレーターなのだった!!!!!!!ひぇぇぇぇぇ知らなかったよ
約100メートルのエスカレーター

RIMG0374.jpg
登る 動く

ぐらばいりぐち
自由亭・喫茶室
ぐらばいえ
旧グラバー住宅
ぐらばさか
グラバー園の中で一番高い場所からの長崎港の景色
ぐらばからけしき

長崎港入口の女神大橋
めがみおおはし
対岸は三菱重工長崎造船所、手前も長崎造船所

しぞうせんじよう
勿論 世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」
世界遺産ですな
みつびしぞうせん
赤い橋が見えるのは浦上川方向、赤い橋は旭大橋
めがみおおはしぐらば
赤い屋根は名門・活水女子大学の東山手キャンパス
創設者であるラッセル女史が信念の拠り所としたキリスト教を「建学の精神」
ぐらばからかっすい

園内の旧住宅を一つ一つ中まで見て
先ずはトーマス・ブレーク・グラバーの旧住宅
長崎に来て貿易業を営むかたわら
近代的な造船・掘炭・製茶などの事業をおこし、我が国産業の発展に貢献
薩長土肥の諸藩に協力して明治維新の大業に寄与
ぐらばどうぞう
アップで
ぐらばれりふ

旧グラバー住宅(右側)
丸の植え込みは、365日 常時 花図咲いている
ぐらばにわ
今は、ストック等
ぐらば
旧グラバー住宅(左側)
ぐらばたく
旧グラバー住宅(左側)
ぐらばていたく3
旧グラバー住宅(温室内部)
ぐらばいえにわ
住宅の内部の様子
ダイニングルーム
ぐらばりび1んぐ
ここにある絵画は、もしかすると グラバー氏の作品かもしれないらしいような??

ぐらばりびんんぐ

客用寝室内にある物
ぐらばきやくしつ

大ダイニングルーム 150年前の西洋料理
ぐらばしよくたく (2)
今て言うとするれば「メタボ食」ばかりが並んでいた

ぐらばしよくたく



最期に 旧グラバー住宅から庭
ぐらばのぽーち







長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 午後は

甘い皿うどんを頂いて、長崎は甘い味なのか・・・とちと不安になったが
栄養を摂取したら ふたたび午後の観光へgogo
楽しみにしているスポットでもあり、歴史を史実を行くのである
行きたかった場所に、タクー案内の方の解りやすい解説付き
リアル・ガイドブックですもの、楽しいし面白く解りやすさ抜群♪
。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。
大浦天主堂

IMG_1747.jpg

〒850-0931 長崎県長崎市南山手町5−3 
095-823-2628
おおうら8
ここは 観たくてたまらなかった場所
日本最古の現存するキリスト教建築物

入り口のマリア様
caption.jpg

正式名は日本二十六聖殉教者堂
おおうら6

1858年に英米仏露蘭と不平等な「安政の五ケ国通商条約」を結び、長崎では大浦・山手地区を外国人居留地とする。
1845年、フューレ神父が教会建築に着手し、続いて1863年にプティジャン神父も長崎に入った。当初はフランス人のための教会だった。

おおうら7

主堂の門の前にやってきた15人程度の人々の中から、一人の婦人が「ここにおります私どもは、皆あなた様と同じ心でございます」とプティジャン神父に告白し、聖母子像の前に案内すると「サンタ・マリアさまだ」と口々にささやいた。これが世界宗教史における奇跡「信徒発見」であり、禁教令から約250年後、浦上の潜伏キリシタンは神父と出会った。
階段を上がっていくと 大浦天主堂の建物入口下にあるモニュメント。


キリスト信者発見百周年記念碑
ooura_catholic_church02.jpg

ここから、色々な「気持ち」が表れて来る

中に入ると観たかった憧れていた建築存在が
私の目を奪ってしまった
どっっっ晴れの中に ステンドグラスが 床、礼拝机に写っている
静かに 私達家族だけが
礼拝堂にいる
しんとした世界に 輝くステンドグラスの光の繁栄
何故か 心臓がドキドキして 気持ちが一杯になり、涙がこぼれてしまった
苦しくなるような、幸せのような
感動というとより
「私は、会った」という気持ちだった
机に、傷もついている・・・
現在の木造建築協会は 最古だ
西欧建築宮
江戸末期に建てられたゴシック風の日本最古の教会
フランス人宣教師ジラール、プチジャン両神父の設計図をもとに
プチジャン神父の指導により、天草出身の棟梁・小山秀之進(後の小山秀)が施工
煉瓦の表面に白い漆喰塗が施された美しい外観。
内部は高い天井はゴシック建築の特徴の一つであるリブ・ヴォールト*(別名 こうもり天井)
当時のステンドグラスと復元されたものとが混在しているそうで
差し込む光が幻想的で荘厳な祈りの空間
c0112559_13314187.jpg

合えた。この世界に、魅かれるように会って来た

内部は 撮影できないので入り口や周囲のみ

c0112559_13304615.jpg

観た後に、放心状態になってしまった

出島 長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 ランチの出会い

長崎名物といえば 角煮まん 長崎おでん 五島うどん
卓袱 ハムやカステラ、カラスミ 魚類が豊富だし・・・
やはり。ここは。皿うどんしか無い
以前、旅した折には、ちゃんぽん発祥の御店である
「四海楼」で食したので 
今回は 別の所が良いとなり
ぶらり♪長崎 新地がてらランチ
なんというか・・・何時もより人が多いですわ。とタクシー運転手さん
朝に見た 大型船の乗船客だと思います。
ビンゴ!!!!!!!

入った御店は 「西湖」
20130822_433571.jpg
長崎県長崎市新地町9-11
電話:095-827-5047
ランチで、沢山の人人人が新地にいて、何処の御店も大行列
御店に入ると、数分待ち、席は相席で。
うむむむむむむむ?????多くの人人人がタグを下げている
チラリ👀と見ると 「MSC」となっておる
春巻きを食べて 私達家族の「濃い・・・」との言葉を聞いて
偶然、相席になった御夫婦も「美味しいけど、濃いですよね~~。」
胸失礼ながら、胸から下げているタグの事を御伺いすると

MSCクルーズという大型船で 10日間 横浜~青森~北海道~金沢~韓国~長崎~佐世保・・・
と寄港していくそうであった
朝食と夕食は船内バイキングなので飽き気味にもなったりするので
ランチは、寄港先で 各々 訪ねながら味わうのが良いとのこと
なるほど!!!!!朝にタクシー運転手さんが言っていたのは
この大型船が!!!!!!!
 
さて。長崎名物 皿うどん
知らなかったけど
皿うどんは細くパリパリの硬い、めんと、
ちゃんぽん麺を使った太く柔らかい太麺の2種類があるのだ
タクシーの運転手さんから聞いてしまった
皿うどん・柔らかい太麺を頼みます~~
こっちは 細い硬い麺で~~
と頼まなくてはならないわけね
ここ西湖さんでは、どちらもokだった
私は御腹は空いていたものの、麺ものだと、一人前、同じ味だと飽きる為
qママと一緒に 半分ずつ
細麺で 皿うどん
IMG_1740.jpg

qパパは、 ちゃんぽん
IMG_1739.jpg

餃子と、春巻き(qパパが大好き)も頼んだ
らんちぎようざながさき
らんち

皿うどん、麺の上の野菜あんが
クリーミーだった
けど・・・甘かった~~~💦💦💦💦💦💦
見た目からしてわかるように、御野菜、たっっっぷり♪💖
春巻きは、味が濃い
餃子は ジューシーで オススメ

出島と長崎の繋がり「砂糖」で 長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 

長崎の食は甘い
卓袱料理を頂いた折にも
甘いのに、嫌になってしまっていた
何故????
卓袱料理 「一力」の女将さんの御話で

長崎は「甘ければ甘いほど美味しいんです」
そう!
つまり「お砂糖文化」なのであった

これが、出島でもよくわかったのが
カステラ、丸ぼうろ、金平糖(こんぺいとう)
あるある、桃まんじゅう
これらの製法は砂糖などとともに
西洋から長崎に伝えられ、長崎街道を中心に独自の発展を遂げてきたのだ
この街道のな名前が
「シュガーロード」である
シュガーロード
甘く 高価な砂。 長崎の出島に輸入された砂糖は
佐賀を経由して小倉へと続く長崎街道を通って
遥か、京、大阪、江戸に運ばれてきたのだ

当時、出島で使われていた砂糖は
種に「薬」として用いられていたらしい

麻袋に入った砂糖
取引してた砂糖には白砂糖や黒砂糖、氷砂糖などいろんな種類があった

IMG_1724.jpg

もっと色々あった

IMG_1725.jpg

桃饅頭もそうだったのね🍑

出島 長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 その5の2

プチっと中国を観た後は出島である

〒850-0862  長崎県長崎市出島町6-1
095-821-7200
鎖国時代,海外に向けて開かれた唯一の窓口であった出島。復元整備が進行しており、平成18年には新たに5棟が復元
出島1
小さくても 魅力たっぷり 間違いなし
IMG_1722.jpg
これ…当時のまんま
江戸時代末期の建築で、安政の開国後に建てられた石造倉庫を復元したもの
施工したのは 南山手の大浦天主堂、オルト邸、リンガー邸が有名。またグラバー邸の施工もだと
何気にあるのではなかったのである。
src_10733347.jpg
ここは重要建築物も復元されていて
当時の「出島」の由来と中身がよくわかる
出土されている多々のモノの展示を見ているだけでも楽しい
IMG_122222222.jpg
ガラス製品など 「そのまま」発掘されていたりするし
IMG_2222218.jpg
IMG_1719.jpg

IMG_1118.jpg
わー。面白い
img_7.jpg
当時のオランダ人の生活様式の絵も
image (2)
畳に椅子で座ってって おそらくオランダ人が始めらしい
image (1)
ビリヤードも、オランダから
でじまぴんぼ

柿右衛門などの 日本陶器も沢山
src_10733347.jpg
ガピタン部屋
ガピタンとは オランダ語で「商館長」
「仲間の長」という意味らしい
IMG_1715.jpg
バドミントン発祥
コーヒー・ビール・チョコレートも発祥
シーボルトの持ち込んだものに「ピアノ」という高価なモノも
オランダ言葉の「ペッキ」から「ペンキ」
なんと「シロツメクサ」が「クローバー」もオランダ言葉
しかし
このような 様々な「西洋文化」を目の前にして
長崎の人々は、どう反応していたのだろうか
古は現代にも通じているのがまた面白い
でじまじゆう

銃も展示してあった

出島4
龍馬さんのと比べてみたいね☆

帰る橋を渡る時に
結婚式の前撮りかな?
IMG_1735.jpg
ショット 頂きました~~~

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 その5の2

メガネ橋との後は 孔子廟に出島に行く
わーーーんっ💖愛しの作家で、我家族の大大愛しの
吉村昭氏の小説の世界を満喫である
メガネ橋 長崎・聖寿山崇福寺(そうふくじ)

孔子廟
長崎孔子廟は、1893年(明治26年)に、清国政府と在日華僑が協力して建立したもの
儒学の神様・・・祖の孔子の遺品が、沢山あって
孔子の使徒ならぬ門下御一同72人が
石造となっている
リアル・プチ中国に拝観~~~
IMG_1706.jpg
入り口から プチ中国
IMG_1709.jpg
ある意味「豪華一点 ウェルカム・プチチャイナー」の世界に入る (笑)
IMG_1713.jpg
オリンピックでも、スポーツ観戦をしておると
中国選手の「赤金赤赤」がよくわかる
roof-tile.jpg
屋根に龍ドラゴン
ここで「龍の足」に 面白い話を知った
入って 正面に 誰もいなくて、しっかり 真正面で撮れたわ(笑)
IMG_1710.jpg
んんん???券供養式は 沖縄などにも通じている感じがするわ
IMG_1712.jpg
真ん中は、皇帝が歩む
これって 日本の神社と一緒☆
IMG_1707.jpg
屋根上に こうやって「飾り」「守り」なのかしら
工夫を凝らしてある建築だった
中国の想像上の生き物である龍 
12支にもあるものの
龍の爪の数は所有者の身分の違いなのだ
5本の龍は皇帝
4本の龍は貴族
3本の龍は庶民
そして 中国の建造物、特に寺院の屋根には龍が飾られているけれど
何故かしらと感じていたら
昔から龍は水の神様として崇められて龍は自在に雷雨や竜巻を呼ぶことができるとされていたの。
火事になると龍が雨を呼んで火を消してくれる。
水不足の時は雨を降らしてくれる。
なので天に「屋根の龍」
日本だと 「しゃちほこ」だわね☆

 

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 笑いとともに2日目 その5の1

長崎に着き 視界のおじちゃまと一緒に卓袱料理を食し
とにかく 笑い笑って 笑いシワが増えた時を過ごした
ホテルに帰り、熱いシャワーとバスタイム
と・・・qパパが 御風呂から出て来ると
「ママ ママ どうしよう どうすれば良いのかな 無いよ無くなった?わかんない忘れたんだ」
qパパが焦ってプタ・パニックを起こしている
全ての下着をスーツケースに入れ忘れて来たqパパであった
「ママー どうしよう どうすれば良い ママー」と繰り返す次第
こういう時にスマホで 地図検索。
ホテルに来るリムジンの中で 新地の所にイオンあったよ
プチ・パニックのqパパが吹き出していた。
やはり私達の度に 笑いばかりなのである

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。
2日目も、どっっっっ晴れ
観光タクシーは ラッキータクシー

メガネ橋
長崎のシンボル アーチ型石橋
2つの半円を描くアーチ形式の石橋
水面に映しだされた姿が眼鏡のように見えるところから「メガネ」の意味
どっっっ晴れで 風の無い日だったので
真ん丸で ばっっっっちり👓👓
めがねばし


長崎・聖寿山崇福寺(そうふくじ)
所在地:長崎県長崎県長崎市鍛冶屋町7-5
長崎唐寺(とうでら)は、キリシタン弾圧が厳しかった時代の寛永年間(1624-1643)、キリスト教禁令下において中国の人たちは仏教徒であることを示すために出身地別に長崎唐寺を建立したともいわれる。
つまり江戸時代になるとキリスト教を排除しようと宗教統制が強い
仏教徒である証明をお寺で発行してもらう「寺請制度」になっていく
そうすると
市民が寺請けにより檀家となると
中国から来た華僑の人々は自分たちの菩提寺を建立しなくっちゃとなるわけね



三門(楼門)
DSC_0588_convert_20121020212807.jpg
華麗の形から別名竜宮門
確かに!!!!!!!!!!
「最近の あの携帯会社のコマーシャルに出て来そうねぇ」
って qママ。ウケゃったし(笑)
確かに竜宮城

この門をくぐると・・・階段が待っている どっひぇぇぇぇぇぇぇ💦💦💦💦夏はキビしいだろう

「第一峰門の扉」
IMG_1701.jpg
蝙蝠がいるよ!!!!!!
扉には青い蝙蝠(こうもり)と牡丹の花
理由は 蝙蝠は(びぇんふー)と中国で発音し「蝠」が「福」と同じ発音だから
つまり 幸福 の意味だったのね
この 蝙蝠デザインは 別のモノでも見ていたのである 
バットマンだけでは無かった!!!!!!!!
んんんんん~~~~ ?!?! 暫し考えると
あーーーーっっっ そっか!そうだった!!!!!うんうん。見てた見てたそうだったー!!!!!
ここで qパパの一撃が入る
「バットマンと牡丹の花か。和洋折衷か」って

崇福寺大雄宝殿(だいゆうほうでん)
81c9c_0002341583_2.jpg
国宝
下層(1階)は黄檗様式で上層(2階)は和様
言われてみると・・・気にならないなぁ

国宝に、私達の発想って良いのかしらね(笑)

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 初日の夕食は 4

長崎 家族旅の初日の夕食は
親戚の歯医者のおじちゃまから ご招待して頂いてしまった
タクシーでホテルから移動中も、夕闇の長崎市内を車窓からご案内♪
おじちゃまのトークも、楽しかったし~~ン十年ぶりでも変わらないね☆
卓袱料理
料亭 一力
料亭 一力
長崎市諏訪町(寺町通り)

一力
見た目からして・・・老舗で風格 高そー💦💦💦ビビり気味q
11007980_386804758169208_1114006704_n.jpg
中に入ると 赤い絨毯がひいてある廊下と急な階段
しかも、この段差幅の狭い階段 カビ臭っっっっ💦💦
018_3.jpg

席について 女将さんが挨拶に
そして 「おひれをどうぞ」 の言葉で卓袱料理が始まる
乾杯よりも先に、おひれ(吸い物)を頂くのである
御吸い物は 写真 忘れた(;^_^A アセアセ・・・ キンチョーしてて撮り忘れ💦
彩り豊な美しい料理
プライバシーもあるしで・・・一部アップのみ~~

IMG_2690.jpg
海老は、激酷い吐き下しするから、一切 食べ無いのに
出るしっっっっっ (*^-ェ-),ムー(*^-ェ-),ムー(*^-ェ-),ムー
IMG_1690.jpg
やっぱ 九州の中でも 長崎は 甘い味付け
この後に、御刺し身が出て来たけれど
これが もーーーー すっっっっばらしかったわ💓💓
御刺し身に「ぶっかけ」といって、甘い御醤油を 上から がしがしかけ回す
IMG_1693.jpg
〝煮物〟いんげんの天ぷら
IMG_1691.jpg
左奥は 黒豆
p1000702.jpg

右手前の赤は くじら
アジサイに見立てて 
p1000707.jpg
アジサイ揚げもハトシも 海老が具材なので だめじゃんっっっ(*^-ェ-),ムー
一力8
左手 あじさい揚げ 右手にハトシ
IMG_1692.jpg
〝東坡煮〟 ほろほろ崩れるお肉
美味しいんだけど・・・甘いっっっっ甘いよぉぉぉぉぉぉぉっ💦💦💦💦
見た感じから味が濃いか?と思いきや、これが全く濃くない
p1000715.jpg
ご飯と、共に来たスープは冬瓜と鶏肉のスープ
この冬瓜と鶏肉のスープ たまんなく美味っっっっっ
作りたいわ~~~~ 
鶏飯(ケイハン)のスープみたいなのも美味しいしっっっ💖
卓袱料理は 終わりに御汁粉とスィーツ
あっっちゃーーーー💦💦💦御汁粉は作るけど 嫌いで頂かず
IMG_1696.jpg
柿のゼリーとリンゴ煮
IMG_1697.jpg
最初は 薄く、甘目では無い味付けで徐々に濃い甘目で出て来る

長崎は「くじら文化」なのであり
肉じゃが ならぬ 「くじらじゃが」にしたり
くじらのモニュメント等も多かった

これだけの老舗の料亭である
御値段も・・・とおじちゃまと話していると
実は、来月は 歯科医師会の会合で使うため
その下調べも兼ねておりまして(笑)(笑)
年明け早々に、同窓会で どんちゃか目的というのもありまして
下見も兼ねておりまして にひひひひひひひひ(笑)(笑)

そういって 笑う顔も 変わらず~~~~

被ばく3世でもある おじちゃま
 小児歯科部門は もう嫌。仕事辞めたいわ・・・って
ン十年ぶりに会って 年を経ても すぐにわかる。
笑って くしゃくしゃになる顔も変わらなかったし
大学時代は 東京に ずっっといたのに 言葉は長崎言葉も変わらない

またまた思い出の旅である

ホテルでシャワーを浴びた後
qパパに、プチ事件が起きてしまった

やっぱり・・・私達家族旅は、笑いだらけなのであった

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 その3


ホテルのるの絵ントランスにある ピアノで
生演奏を聴きつつ、ホテルのカフェで頂いた

DW8h9B8U8AA_R57.jpg

ホテルで頂いたチケットは
ホテルのCafé de Bijoux
ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクションCafé de Bijoux 
下線文
こちらで頂けるGODIVAだもの💖✨✨✨💖💖
GODIVAのショコリキサーのチケットなのだった💖💖💖✨✨
GODIVA GODIVA
IMG_1684.jpg

疲れ切った身体と痛くて悲鳴を上げていた私の身体に冷たく甘く
美味芳醇のチョコレートが染みわたっていく

スィーツ大臣のqパパは飲まなかったけれど
qママは、当然でしょーとノリノリで 母娘で連れだってホテルのカフェに行っと楽しいである

実は・・・
実は 夕食は 親戚の 長崎在住のおじちゃまと
長崎の歴史食 卓袱料理を頂くのにも関わらず (笑)



長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 ~やっぱり笑い家族旅その2

ホテルに空港からリムジンバス乗り場が目の前だったので
時間も 数十分待つだけで乗れてしまった
むむむむむむっっっ 車窓に気になるモノがシール・タグ貼ってある
チェックして、ここの御店 行きたいね~と 胃袋を掴まれている私達家族
旅は家族で 今旅は スタートからも分かるように
笑いは無い
リムジン・バスの車窓にあったタグシールはというと
IMG_1680.jpg
これである メモメモ ✒✑

今回のステイ・ホテイルは
ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション
【公式】ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション(旧ベストウェスタンプレミアホテル
 旧ベストウェスタンプレミアホテル
ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション
The Hotel Nagasaki BW Premier Collection
〒850-0045 長崎県長崎市宝町2-26
TEL : 095-821-1111
FAX : 095-823-4309

隣に ファミリーマート完備♪
ポスト真ん前にあり

エントランスは ちょっと暗め

IMG_1683.jpg

視力が悪かったり、暗いのが弱い人に この暗さは頂けないのでは??????

00001028.jpg

飾りつけは ハロウィンとクリスマスとが混ざっていた
そして、最初の出迎えであるフロントクラークの場所が
エンジニアリングトランスから 見えない
フロント・クラークの場所が
エントランスから 見えないって ダメじゃんね
 元プリンスホテル系だから????そこらへん経費削減はやめて~💦💦

ズーっと右手の奥詰まりに フロントラークがある

IMG_1682.jpg
見ちゃったけど コンシェルジュが、勤務中に パンプスの足パカパカ
混雑しなかったとはいえ、それってどういうコト!!!!!!

御部屋から 長崎 稲佐山の景色と街が見渡せる
フロアーは 11F

40029_k1.jpg

そして 坂の街 長崎を どっっっ晴れ中
御部屋から ショット
IMG_1687.jpg


タダ券を何枚も頂けた
さーーーーーて。移動で 疲れ切って、気圧頭痛持ちのワタシ
大臣も、勿論「当然でしょー」とノリノリ
それは・・・

長崎で作家の世界と世界遺産と思い出の家族旅 その1

突然決定 家族旅
その地は長崎だったのだ💓
IMG_1688.jpg


前日まで 羽田空港近くでバイトしてた私は
空港に近いホテル・ステイ 
待ち合わせは 某ショップ前で
qパパ従弟の長崎在住の 歯医者さんの おじちゃまに
プレゼントを選んでいたら
あ!!!!!このバッグだよね~~~~と qママと色柄違いで買っちゃった(*^^)v
。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。
旅の地へ ひとっ飛び ✈✈ 時期としても御クソ・ガキ連れも皆無で快適

長崎駅は 「長崎らしさ」で溢れている
IMG_1679.jpg

 長崎では 「龍」は「じゃ~蛇」と言うのである 
 後で 解った

ランチは、空港で食す
ちゃんぽん・・・という御腹じゃないし、気になっていたものを
長崎空港 つばき
img_tubaki.jpg

五島うどん 長崎おでん

IMG_1675.jpg

そうなのだ!!!!!東京モノの私たちに、どんなダシを使用しておるのか
チェックしたかったのである!!!!

食したのは
あおさ丸天うどん

3image1_20160328184136.jpg

自宅でも あおさは、何かと食べる
そして・・・この 丸天であるが
薩摩揚げに類似する、魚のすり身を円形にしたものだが
絶妙であり、ツボに入った私達家族
qパパは 長崎黒めん
麺は、ひじき麺を使っていますので、つるっとしたのど越しと、もちもち感の歯ごたえ

caption.jpg

いやはや これは 美味い食材と出会ったものである

空港での食の出会いは 私達家族に語っていたのか
空港には、その場所の個性も楽しい
羽田空港でデジタルパブリックアートだったり
色鮮やかなバナーがあったり
長崎空港 福砂屋に
IMG_1678.jpg

御土産などは 帰る日で良いので 
ホテルにリムジンバスでgogo

リムジンバスの窓に貼ってあった

IMG_1681.jpg
10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CustomCategory
月別アーカイブ
過去ログ +

2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【26件】
2018年 10月 【6件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【13件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【21件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【7件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【5件】
2018年 01月 【3件】
2017年 12月 【8件】
2017年 11月 【6件】
2017年 10月 【17件】
2017年 09月 【11件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【10件】
2017年 06月 【14件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【7件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【10件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【13件】
2016年 07月 【11件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【12件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【8件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【16件】
2015年 02月 【9件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【7件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【14件】
2014年 09月 【12件】
2014年 08月 【10件】
2014年 07月 【10件】
2014年 06月 【10件】
2014年 05月 【5件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【6件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【15件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【11件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【9件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【9件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【11件】
2012年 09月 【16件】
2012年 08月 【28件】
2012年 07月 【12件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【17件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【13件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【7件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【23件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【6件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【9件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【10件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【16件】
2009年 06月 【14件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【23件】
2009年 01月 【27件】
2008年 12月 【25件】
2008年 11月 【31件】
2008年 10月 【25件】
2008年 09月 【38件】
2008年 08月 【73件】
2008年 07月 【18件】
2008年 06月 【38件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【28件】
2008年 03月 【30件】
2008年 02月 【31件】
2008年 01月 【34件】
2007年 12月 【23件】
2007年 11月 【35件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【4件】
2007年 08月 【13件】
2007年 07月 【24件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【28件】
2007年 04月 【12件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【20件】
2007年 01月 【28件】
2006年 12月 【25件】
2006年 11月 【23件】
2006年 10月 【23件】
2006年 09月 【29件】
2006年 08月 【21件】
2006年 07月 【32件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【26件】
2006年 04月 【16件】
2006年 03月 【35件】
2006年 02月 【26件】
2006年 01月 【15件】
2005年 12月 【15件】
2005年 11月 【15件】
2005年 10月 【15件】
2005年 09月 【15件】
2005年 08月 【15件】
2005年 07月 【16件】
2005年 06月 【16件】
2005年 05月 【22件】
2005年 04月 【23件】
2005年 03月 【1件】

最新記事
最新コメント
☆☆☆☆
フリーエリア
フリーエリア
ペットのお墓
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

qwill

Author:qwill

フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

how many 良い顔s (*^-゚)v
FC2拍手ランキング
フリーエリア