のんび~りのほほん

小さな幸せひとつ日々のーんびりのほほん
 そうだったのね・・・メイプル
 2011年05月27日 (金) 22:18:26

ぶっ倒れ中の私は「うなされて、寝汗をかいて」
という日々を送っていた
食より、ゆっくりと、水分接種 ナトリウムをupして
空腹で 薬は飲めないから1時間かけての固形を食べる
即、またダウン。たまにはテレビを・・・観つつ(∪。∪)。。。zzzZZ
(∪。∪)。。。zzzZZ中。
部屋に何回もqママが様子を見に来ては
タオルを変えてナト・カリ水を置いていた事も知らなかった
両親の揺り篭は不動かつ鉄壁

愛犬グレイスの話も知らなかったし・・・

そしたら、今日。qパパから聞いたコト。
愛猫=^∇^*= にゃおん♪ メイプル 事 メイちゃん
私のベッドの足元でじーーっと見張り番をしていたとのコト
あれあれ
トト姫はトト姫で しょっちゅう私の部屋をチェックしていたらしく
あらら。トイレに行くと、見かけていたのはそういうコトだったのね
等と
改めて、動物達の連係プレイの不思議が深まる

まだ自力でミルクを飲めず 
河原に捨てられカラスに突っつき引き釣り出されていた子
獣医さんからも「この子だけは育たないかも・・・」
と言われていたものの
しっかりミルクも飲んでいた
milkkjpgり

さ~お目目の開いた頃に検診に必ず来るように・・・

babcat.jpg

「よくここまで育ったね」とまで言われたっけ
may2.jpg




そして。今。
毎晩
 必ずと言っても良いほど
我ベッドの枕元で寝ているメメ事 メイプル

社交的じゃないし、好き嫌いのはっきり、きっぱりした子
ちと、殿方嫌い というヤツだけれど
何々、きっちりネコさん達社会のルール等は、身についておる

残念にも、鳴く声が小さいけれど
それは立派に個性というもの しっかりと我家の個を表しておるわい。 
と・・・親バカを超越したバカ親を称する我々一家である

めいち

 
         かみさまへのてがみ
  あのねかみさま わたし ねこ ってしってるのよ
   ほかほわしてて ふんわり
   おはなしじょうずなの
   えーと うーんと それから
    いっぱい いっぱい たくさんの愛なのよ
             from 思慮深き知性ある人への道は遠すぎるq








(o→ܫ←o)♬♫ | TB(-) | CM : 6 | 

 我グレイスも負けんわい
 2011年05月25日 (水) 22:00:01

3猫の子守犬
私の 吐き風邪 寝込んでいた時の守り犬????



ぐれ



むっふっふっふっふ
某局のドラマ「マルモちゃん」のように
お話 が出来ないが
何。もう 一目惚れして13年。
思うに「我家の見回り係」も夜には欠かせないので
無事故無違反、火事チェック

「猫」子守犬だけかと思ったら
私の体調ダウンの、吐いて寝込んでいた風邪中にも発揮していたとのコト
素晴しい^(*ノ^ー^)ノ☆パチパチ
私が寝込んでベッドにいると
じーーーーっと動かず 静かに グレイスが守っているように寝ていたらしい
そして
私が目を覚まして、ベッドでモゾモゾし始めると
階下にいるqママや、qパパの所へと行っていたとのコト

おぉ なんと

愛犬と 私の絆は どんなんだろう? *駄句q*

(o→ܫ←o)♬♫ | TB(-) | CM : 3 | 

 ゆっくりだけどing
 2011年05月16日 (月) 21:56:48

さてと。
少しずつだけれど復活中
何・・・
我 病柄故の コンディションダウンが
何時もの季節からズレにズレて、今頃に来たとのコト
やれ 採血は欠かせず「血管 出ないからさぁ・・・」と週に1回にはなったものの
点滴&注射だの
「ん~ んじゃ 3日後に来て」
ってドクターから言われててしまっては 行かないワケにもねぇ・・・
と。泣きたくて泣きたくなっちゃって へこたれたく無いという気持ちだけだった

そりゃ・・・気持ちだけね


入院かするい???と家族からは囁かれても
主治医の「うーーーーん入院しなくてもね・・・」と
いうワケで
外来に通いつつ
自宅で、あれこれとれそれ と生活中


スィートに私を見守って、愛ある 我両親
愛の vUo・ェ・oU ワンワン 
極上の癒し、かつ、笑みの欠かせない3匹の愛猫達
ヒゲが気に入らないけど
なかなか かっちょエエ~ 被災地にも通ってる
ハードでマイルドな 我主治医
なんかへこたれちゃったりのqに 
 明るく 頼もしく接して頂いている 看護師さん


私は、静かに静かに復活中

復活中 ing は ゆっくり進む *駄句q*

(o→ܫ←o)♬♫ | TB(-) | CM : 5 | 

 吐き風邪してる。けど、コメント読んでるよ
 2011年05月11日 (水) 15:28:36


吐く風邪をしている
外来で、点滴と注射
主治医は、被災地への派遣ドクターとして
素早い情報と
リアル医療なので
情報はイチ早い
なんとまぁ・・・
吐き下しの風邪というヤツが
流行しているとか
やれやれ

でも。ちゃんとコメントは読んでる
お返事、入れてないけど
暫くは、許して頂きたい
というコト

ふぅ・・・ | TB(-) | CM : 5 | 

 子守犬は愛犬グレイス13歳。
 2011年05月06日 (金) 21:50:36

愛しくて一目惚れして13年
ぐ寝る

愛犬グレイス 
13歳
寝る
でも。散歩はジャンプもできちゃう
こっちが ?え!!!!って思うけど
散歩の時の スキップとか、そりゃもー素晴しい
さて。
こちらとしては
もっと役立っちゃうのが
「愛猫達の子守り」
常日頃から、ご一緒に猫達が寝たがるものの
グレイス姫は イマイチのご様子
とーーか思ってると
ちゃーんと 子猫時代の頃から
ぴぎゃぴぎゃぴーぴーと鳴き出すと
愛犬グレイス登場しては
しっかり「泣かせチャ駄目よ~ママ達ったら!」とチェック
 きゅんきゅん鳴いてグレイスの子守は大成功だったのだ

最近では テレビドラマにも登場中の
ミニチュアシュナ
我家の 愛犬グレイスだいっ

愛犬の名前グレイス 気品という意 *駄句q*

(o→ܫ←o)♬♫ | TB(-) | CM : 4 | 

 東北被災地の家族の不安
 2011年05月04日 (水) 21:23:19

我従兄弟と、私は9歳の差
何。生まれる前からの叔母と私の仲良しもあり
従兄弟を弟以上?に面倒をみていた
結婚式では従兄弟のお嫁サン自ら
ブライズメイドをして欲しいとのコトであったり・・・
このお嫁サンが「お嫁さん お嫁さん していない人」もあって
私とも気があっちゃうのである。 
女同士のトークは、今も夜中にもアリアリよん
と・・・
このお嫁さんのご実家が、東北の被災地である
しかも「原発の」
そう。
原発の地
ご両親とは℡では話が出来たものの 
心配で心配で
心理状態からパニックを起こしそうだった
2歳の可愛い子供のコトも上の空
食事を作るのもボーっとして上の空
そこで叔母から
「qちゃん、お願いお嫁ちゃんをqちゃんの家で数日泊まらせてあげて」
というコトであった
何。そんな大したコトでは無いのである
と。いうワケで


従兄弟のお嫁チヤンが 我家に泊まっていた
最初の夜。彼女は「qちゃん。qちゃんのベッドに一緒に寝て良い?」とのコトで
一緒に寝たり
そう。不安だらけだよね もう不安で不安で心配だけが身体を取り巻いていたのだよね
叔母はそのような彼女を見ていられなく
お孫ちゃんである、2歳の子供を預かっていた

涙は枯れなくとも 必ず静かに時間は薬になるよ

全世帯 非難となったよ
従兄弟宅の2階に、彼女のご両親が非難してきた
彼女の涙は、笑みに変わりつつ

彼女のパパ
これまたアウトドアライフ大好きのサーファー
従兄弟も、彼女と結婚したんだか パパちゃんと結婚したのだか
結婚前からパパちゃんと連れ立ってサーフィンだの
泊まりで2人っきりでハワイにサーフィンだの
山に入ってキノコ狩りだの
ヤロー2人のキャンプライフだの
先日も
「パパちゃん このままずーっと一緒にいたいなぁ ママちゃんの飯がメチャ美味だぜ~」
と、ご丁寧にハート乱舞した
メールが来た

涙を流さず 心配と不安だったね
時間は、ゆっくりと笑いを運んできていているみたい
お互いの無い所、良い所をサポートし合っている従兄弟達
ゆっくりと復活して欲しいよ

願わくは 花の下にて笑み浮かべ
               その如月の 望月のころ

         西行法師より頂くq





ふぅ・・・ | TB(-) | CM : 3 | 

copyright © 2011 のんび~りのほほん. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi