のんび~りのほほん

小さな幸せひとつ日々のーんびりのほほん
 2017年 ホーリー祭
 2017年03月13日 (月) 17:47:22

「インド」をはじめとしていくつかの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更

1703131.gif

Holi:ホーリー

インドやネパールのヒンドゥー教の春祭り
って・・・知らんかった💦💦💦💦
色粉や色水を掛け合うのは、カシミール地方の伝承で人家に押し入ってくる悪鬼ビシャーチャを追い払うため泥や汚物などを投げていたのが由来
んで
「ホーリー」は毎年3月の満月の日なんだとか
 もっと知らんかったよ💦💦💦💦💦
つまり。簡単に言うと
豊作祈願とか、悪魔払いのっていう習わしなのか
それって、日本だと 神社 仏閣の 神事みたいなのかしら?



ロゴ | TB(-) | CM : 0 | 

 サンドフォード・フレミングの誕生日
 2017年01月07日 (土) 21:01:28

サンドフォード・フレミングの誕生日
サンドフォード・フレミンって?!?!え?!あのフレミングの法則の人?
という程度の名前では知ってても
1827年1月7日、イギリスのスコットランドで生まれた。14歳の時に測量士としての訓練を受けたと
「標準時」
1876年アイルランドにて、時刻表の「午前」と「午後」の表記のミスから一台の列車が失踪する。これを見たサンドフォード・フレミングは子午線に依存しない24時間の時間割を提案、グリニッジ子午線が国際的に採用された1884年の国際子午線会議では「標準時間帯」(タイムゾーン)を提案するに至った。

367d0dde.jpg

ん~つまりイギリス生まれの土木技師・科学者
1845年ににカナダに渡って重要な鉄道事業の主任技師になった
フレミングの標準時の採用前↠各々の自治体ごとにその町での太陽の位置を基準に時計を合わせてた
フレミングの標準時の採用後↠鉄道運行に関わる全ての時計に共通の時刻を用いる「鉄道時間」

うーーーーん 💦💦💦💦💦ムズカシイけど
時差とか 深い関連のある御方というコトなのね



ロゴ | TB(-) | CM : 0 | 

 大晦日 2016
 2016年12月31日 (土) 20:29:16

大晦日 2016
201612302117212e3.gif

今日のGoogle LOGOは、大晦日 2016年バージョン
2016年
沢山のコトがあり過ぎた
天災に 何回となく心配して涙した
親戚の住んでいる地とあれば、ニュースやネットなどでの情報が欠かせなかった
無事に 連絡を頂いただけで 「ほ♪」とした
旅して観た場所の災害には、12-3年前に車で走って観て来た場所が!!!!!
この数日前に 旅していた場所が
天災から、繋がりの強さも感じたりもした
私自身は 
ここまで復活してきたけれど
入院して、出戻って 入院して ・・・
旅して
歌舞伎って映画って
愛ネコって
何時も 家族の あれこれどれそれわやわやほわほわほよほよの中にいて
少しの変化と変わらない事も良いかなと感じる一年間
さて。 愛も変わらず 風の吹くまま気の向くまま
ふらふら~ ふりふり~~~ ほよほよほ~
映画と本と音楽は欠かせずに
あ~あ。やっぱり微々微々でしょうがない私なのだった(笑)(笑)

ロゴ | TB(-) | CM : 0 | 

 チャールズ マッキントッシュ
 2016年12月29日 (木) 22:26:07

チャールズ マッキントッシュ
チャールズ・マッキントッシュ生誕250年
20161229003441.png
800年代当時、雨の多いロンドンの街に馬車が行き交っていた時代。
雨を防ぐには、布に油をしみ込ませるくらいしかなく、雨風をしのぐのに苦労してた。
いわゆるオイルドジャケットってやつかな?!
2枚の生地の間に溶かした天然ゴムを塗り、圧着し熱を加えた防水布を発明。
その防水布で制作したゴム引きコートは全英中に衝撃+
英国では今でもレインコートをマッキントッシュと呼ぶくらいに馴染みのブランド

いや~ 素晴らしい
上品であることも大切だけど
質の良いものは 続くもの
自分にあう「年齢」が必ず来るから
その時代を持つのも男の人の質にもなると感じてしまう

ロゴ | TB(-) | CM : 0 | 

 メリークリスマス!
 2016年12月25日 (日) 21:00:51

クリスマス
グーグルのロゴはクリスマス
o0450020013829686214.gif
何か騒がしい
o0450020013829685988.gif

静かな世界
静かに静かに

ロゴ | TB(-) | CM : 0 | 

copyright © 2017 のんび~りのほほん. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi